まぶたのたるみに効く栄養素

目元は、年齢を判断する箇所として、人が意識している部分ではないでしょうか? 一番年齢があらわれる場所でもあるので、まぶたのケアも、しっかり行うことで、年齢はうんと若返ります。
ほうれい線を消す化粧品、おすすめは?

まぶたのたるみの原因のひとつに、「紫外線」があります。 紫外線は、エラスチンという成分を変形させてしまい、同時にコラーゲンも奪ってしまうので、皮膚のはりが失われていく原因のひとつとして、お肌にとっては天敵です。

特に、まぶたにはあらわれやすい箇所なので、注意が必要です。 睡眠不足や表情筋の衰え、乾燥肌、皮下脂肪の減少なども同時に原因としてあげることができます。 日々行う食事から、身体にいいものを取り入れるなどの対策をねりましょう。

食事の予防としては、ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンCなどが多く含まれているものを摂取するようにするといいです。 これらの中には、新陳代謝を活発にする効果をはじめ、コラーゲンの生成を助け、シミを消すのに役立つ成分が含まれているので、 意識してとるようにしましょう。

年齢があらわれやすい部分なだけあって、1番年齢があらわれる箇所ではありますが、原因を理解し、予防を試みることで、実年齢、それ以上に、どんどんどこまで若返るのかも実感することができます。 まぶたのたるみやほうれい線を消すためのマッサージや体操などもたくさんあるので、関心をもち、調べてみると、目元の若返りにも役立ちます。

紫外線をなるべく浴びないように、また、浴びても大丈夫なようにケアをするのは、すぐにできる取り組みです。


敏感肌の化粧品選び

お肌の油分を取り去る脱脂力の強い洗顔料を使い続けると、お肌の保護機能が破壊されて、 皮膚の細胞のターンオーバーのサイクルが乱れてしまいます。 そして、過剰に皮脂が分泌されるようになり毛穴が開きます。 毛穴の開きが敏感肌の原因になり、ニキビや黒ずみの原因にも…。

保護機能が壊れてしまったお肌は、保湿ケアを施しても水分を保持出来ず、更に保湿の強い化粧品が必要になって、 ほんのちょっとの刺激にも肌が反応してしまうようになります。 スキンケア自体が刺激になるようになってしまった状態、これが敏感肌です。

敏感肌になってしまったら、それまでの化粧品は止めて、お肌になるべく刺激を与えない化粧品を選ばなければいけません。 ニキビ跡のしみ・色素沈着の化粧品についても同様です。 自然派化粧品、オーガニック化粧品や無添加化粧品などと言われているものでも、お肌に合わない人はいます。 敏感肌の人の中には、化学成分以外の天然の植物エキスなどでも肌に合わないケースがあるのです。

慎重に化粧品を選ぶ必要があり、腕の内側でパッチテストを行なってから実際に顔に使用してみると良いでしょう。 化粧品選びと平行して、それまでの習慣を見直して、身体の内側からもキレイを目指します。 食生活を根本から見直して、野菜不足を解消しビタミンを多く摂取するようにします。

敏感肌も乾燥肌と同じように水分不足なので、お肌の外からも内側からも水分を補充します。 保湿ケアを充分にすることで、敏感肌を改善していくことが出来ます。
DEW SUPERIOR


アンチエイジング アロマオイルでお肌のハリを維持しましょう!

お肌のハリを保つ方法の1つに、アロマオイルがあります。

一般的に、お肌のハリがなくなったと感じるのは、冬のように乾燥する季節になってからが多いようです。お肌の乾燥は、ハリの不足だけでなく、皺・たるみの原因にもなるため、十分注意が必要です。

そんなときにアロマオイルの出番になります。お肌に対して潤いを与え、保湿効果もあるアロマオイルは、乾燥する季節のお肌のケアには最適と言えるでしょう。

アロマオイルの分子構造は、非常に小さく、そのためにお肌の深層まで成分が浸透しやすくなる訳です。効果についてもかなり即効性が高いので、お肌の状態が好転するのをすぐに実感できるというのが嬉しいところです。

また「アロマ」というだけに、香りによる効果も魅力の一つです。もともとアロマは、その香りによって精神をリラックス・リフレッシュさせるという効果の方が有名であり、お肌へのケアだけでなく一石二鳥の効果が期待できます。

では、アロマオイルを使用したお肌のお手入れの流れを一例でご紹介しましょう

まず、マカデミアナッツオイルと呼ばれるオイルを30ml程使用して、アロマオイルを希釈します。ハリのある若々しいお肌に沢山含まれている「パルミドオレイン酸」が入ったマカデミアナッツオイルは、アロマオイルの重要な成分です。

次に、いくつかのエッセンスを1、2滴入れていきます。肌の保湿効果があるサンダルウッド・フランキンセンス、皮脂を整える効果があるイランイラン、老化やストレスによるダメージ回復効果があるローズ等が代表的なものです。

最後に、これらを充分かき混ぜればアロマオイルの出来上がりです。

出来上がったアロマオイルを、乾燥が気になるお肌の部分にソフトなタッチで塗りましょう。オイルのベタベタ感が苦手、という方は、精製水を100ml使用して更に希釈し、化粧水的に使用するのも良いでしょう。成分は変わりませんが使用時のベタベタ感は解消できます。