洗顔で肌が荒れる?

顔の脂が気になって何度も洗顔を繰り返してしまった経験は無いでしょうか。 実はその行為、肌荒れの元になってしまうのです。

「洗顔で肌が荒れる」と言うと語弊がありますが、ここで大事なのは「何度も繰り返し洗顔をする」という点です。ここが危ないのです。

本来洗顔というものは文字通り顔の脂や汚れを洗い落とすために行いますが、実は、肌の脂分は完全に落としてしまってはいけないものなのです。

この皮膚の脂分(皮脂)というものは必要な水分を保つ、「保湿」の役割を持っています。

それが無くなったら、当然肌はカサカサになってしまいます。 さらに、肌の性質には個人差があります。

脂性肌の方は繰り返しの洗顔にも多少は耐えられますが、もともと乾燥肌の方がひたすら洗顔を繰り返したら、ますます乾燥に拍車がかかってしまいます。

こうなると、いくらほうれい線を消す化粧品を使っても、しわを消すことが難しくなる場合だってありえます。

また、人間の肌というものは基本的に化学物質に敏感にできているため、洗顔料の選択も重要なポイントになります。

例えば、強力なメイク落とし効果のあるクレンジングは、肌への刺激も強いものが多く、皮脂も大量に洗い流してしまうため注意が必要です。

基本的には刺激の少ない、肌に優しい洗顔料、ニキビのクレンジング剤を選ぶのがいいでしょう。

それでも肌の脂が気になるという方は、水だけで洗顔を行うなどの工夫をしてみてはいかがでしょうか。

また、メイク自体を薄く、ナチュラルなものに変えることで、強力なクレンジングを使う必要を無くすこともできるかもしれません。

ページの先頭へ